IPSコスメティックスの化粧品はどこで買えるのか

IPSコスメティックスの高品質な製品を使う

IPSコスメティックスの化粧品は、連鎖販売取引の仕組みで販売しています。

連鎖販売取引とは、会員が別の会員に商品を販売していく仕組みで、
下に人が多くつくほど上の人間の報酬が大きくなるのが特徴です。

そのため、基本的にIPSコスメティックスの販売する化粧品が欲しい場合は、
販売員から購入することになります。

しかし、身近にそういった人がいない場合は、問い合わせで販売会社を紹介してもらえるので、
誰でも買おうと思えばIPSコスメティックスの販売する化粧品を手に入れることが可能です。

手に入る

また、訪問販売も各販売員が行っており、遭遇する可能性はありますが確実ではありません。
したがって、もし欲しい場合は紹介してもルアノがベストです。

連鎖販売取引なのでいろんな法律の規制を受けており、そのルールを破った場合は行政処分を受けることがあります。
こちらは過去に受けてしまってから、コンプライアンスを強化しています。

消費者庁ホームぺーじより

1.特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」 (法第33条)

特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。

  • 物品の販売(または役務の提供など)の事業であって
  • 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
  • 特定利益が得られると誘引し
  • 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

 

連鎖販売取引は法規制に服している


連鎖販売取引については多くの判例などもありますので、このジャンルに関して疑問点があれば調べることができます。

IPSコスメティックスは法令順守を心がけているとはいえ、個別の販売員レベルできちんと皆が
ルールを守って勧誘しているとは限らず、口コミ等で調べると、IPSコスメティックスの販売で
強引な手法をとられたといったことも見受けられます。

強引な勧誘

それは確実に判例からも違法ですし、訪問販売ではクーリングオフをすることができるため、
書面によって解約手続きをすることが可能です。

クーリング・オフは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。クーリング・オフ(テーマ別特集)_国民生活センター[2019年5月24日:更新]より

IPSコスメティックスの販売員の中でもルールを守っている人はいるので、個別の販売員が
悪かったからと言って、ここ自体が悪いとは言えませんが、連鎖販売取引の構造上
どうしても紹介したいと考える人が強引な方法で加入しようとしてしまいます。

そうした場合は、直接会社に苦情を申し立てれば、法令順守をしようとしている会社ならきちんと対応してくれるでしょう。